建設業界で
生きていく

建設業界の課題

01.建設業就業者の高齢化
建設業界においても高齢化は深刻な問題です。現在330万人いる技能労働者のうち78万人が、10年後に引退を迎える見通しです。
02.若年入職者の減少
建設業界で働く若者の割合は減少し続けています。後継者不足が懸念され、若年入職者の確保・育成が喫緊の課題です。
03.参入障壁の高さ
施工会社の設立にあたっては、厳しい条件が求められます。特に、安定受注環境や設備投資資金の確保が高いハードルになっています。
建設業界相互支援システム
C-IMSS(シーアイムス)
で解決します。

建設業界を相互支援の輪で繋ぎます。

①現場マッチング支援
②見積り支援
③挑戦力支援