企業情報 COMPANY

代表あいさつ

3つの大切な思い

社会に対する思い
  社員に対する思い
    未来に対する思い

Masatoshi Maezawa

当社は1998年12月に誕生しました。
創業から二十余年、皆様からお支えいただき貴重なご指導をいただいて、ここまで成長してまいりました。心より感謝申し上げます。これからも仕事に誠実に取り組み、少しずつご恩返しできますよう生活インフラの充実に尽くしてまいります。

創業の時から、私は3つの思いを大切に経営に取り組んでまいりました。「社会に対する思い」「社員に対する思い」、そして「未来に対する思い」です。
事業そのものが社会のお役に立つものであること、仕事が丁寧で誠実であることを心掛けて、受注した工事を施工してまいりました。また、「人材不足」という業界全体の課題についても、認定職業訓練の創設、外国人技能実習生の積極的な受入れなど、自社のみの課題解決ではなく、業界全体のお役に立つことを目指して取り組んでまいりました。

技能職社員、いわゆる「ブルーカラー」の待遇改善も進めてまいりました。この技能職社員が当社の一番の強みと自負しております。
事業領域も着実に拡大を進め、上下水道・ガス・土木と生活インフラに欠かせない領域の工事を安定して受注できるようになりました。

近年では、当社もIT技術を取り入れた工事を進めておりますが、「人の力」「手作業」に頼らなければならないことも事実です。
当社の技能職社員の力、「ブルーパワー」を最大限に活用し、土木インフラ事業についてはもちろん、幅広い事業領域で社会課題の解決に貢献し、社会と共に発展できるよう努めてまいります。

代表取締役

前澤 正利