サステナビリティへの取り組み SUSTAINABILITY

2015年に国連で採択されたSDGs(Sustainable Development Goals「持続可能な開発目標」)では、世界レベルでの地球環境への配慮が求められています。
当社はインフラ基盤構築のスペシャリスト集団として、以下の取り組みを通じ、継続して地球環境への働きかけを行っています。

土木インフラ事業

  • 当社は首都東京および隣接県において、人々の暮らしに欠かせないライフライン工事を行い、健康的な日常生活環境を届けると共に、強靭かつ持続可能な社会づくりに貢献しています。
    また、ベトナム人を中心とする外国人技能実習生も積極的に受け入れて多様な人材育成に注力すると共に、自社独自の屋内外研修センターを設け、経験の浅い技能職社員に対して、実際の現場の緊張感を持った知識と技能の教育を行っています。
    創業後25年にわたる現場経験に基づき、効率的な工事施工や安全の徹底を図り、環境負荷の軽減に努めています。

素材生産事業

  • 森林環境保全活動により豊かな森と健康な土壌が作られます。豊かな森は温室効果ガスを削減し、健康な土壌は土砂災害の発生リスクを低減します。

    森林環境保全活動で発生した木材は、再生可能エネルギー源(木質バイオマス)へ有効活用し、地球環境にやさしい循環型社会へつなげます。

当社がこれまで手がけてきた事業の経験とノウハウを活かし、
今後も引き続き社会課題を解決する活動を続け、
持続可能な社会の実現に向けて貢献してまいります。